セール中

天然より天然の鮎コンフィ(1匹・きゅうりソース付)【冷凍】

セール価格

¥1,200

  • - 0%
  • 通常価格 ¥1,200
    ( / )
    税込み

    80℃の油で7時間ほどゆっくりゆっくり火を入れて骨まで食べれるほどの柔らかさに仕上げた鮎のコンフィです。1匹ずつ真空パックをして冷凍をしました。

     


     

    「鮎」は美しくきれいな河川でしか育たない、とても繊細な魚です。 海なし県の栃木県は日光や那須の恵まれた自然から生まれるきれいな川があるからこそ、天然の「鮎」として楽しまれてきました。

     

    しかし高度経済成長と共に自然環境や生体系が変わってしまい、昭和40年頃から本来持つべき「鮎」の風味も失われて食卓からも姿を消しはじめ、少しずつですが食べる機会が減ってきました。

     


    この鮎を仕入ている荒川養殖さんでは、もう一度、昔から愛されたあの「鮎」を再び多くの人に食べていただこう!という思いで、 昭和46年から鮎の養殖業へ参入をした歴史があります。

     

     

     

    この養殖にあたりコンセプトは、「天然よりも天然な鮎」です。


    【昔愛された天然の鮎】と【現在の天然の鮎】は、何がう違うのかご存知でしょうか?

     

    それは、臭みもなく、自然の風味をたっぷりと含んだ身のことです。
    昔の天然鮎は、ほどよく身がつき、じっくりと炭火で焼くと、頭から丸ごと食べることができます。その一方、現在の天然鮎は、身のつき方もまばらで、臭みや風味を損ない、どんな餌を食べてきたかを疑うような味がしている現状があります。

     

    このような現状では、鮎を愛する人たちも減少してしまう。ということで荒川養殖さんは徹底してその天然鮎の再現に時間を費やして努力を重ねてきました。

     

     

     

     

    荒川養殖さんがあるさくら市喜連川は、荒川・江川・内川・岩川の4つの河川が南北に貫流する緑豊かな喜連川丘陵と呼ばれる河岸段丘に発展していて、荒川上流の先にあるのが、全国37都道府県の美味しい水で、全国第一位になった「尚仁沢湧水」です。 1日当たり65,000tの湧水に恵まれ、水温は四季を通じ11度前後に保たれ、冬でも渇水や凍結することがなく、 冷たく軟らかい天然アルカリイオン水が特徴です。

     

     

     

     

    餌や温度、水質管理をはじめ、あらゆる思考錯誤を繰り返し、天然よりも天然の鮎を追求し、その恵まれた伏流水と豊かな自然の恵みから「天然よりも天然な鮎」は生まれています。


    自然の中に養殖施設があり、何度も伺わせて頂いていますが、徹底された管理の元、スタッフのみなさんも親切丁寧に鮎だけでなく、ヤシオマス、純国産鰻の養殖も行っています。

     

     

    鮎の香りは「きゅうり」と似ていると昔から言われます。ほぼすべての種類が淡水魚か、あるいは海洋と河川を往復して暮らす遡河性の魚類の「キュウリウオ目の魚」なんです。そして鮎の別名は「香魚」です。

     

     

    清々しい夏を運んでくる鮎をフレンチの伝統料理法のコンフィ
    日本の鮎に対する印象
    そして、荒川養殖さんの思いと一緒にお召し上がりください。

     

     

     名称 鮎のコンフィ
    原材料 鮎(養殖)、食塩、きゅうり、サラダ油、オリーブオイル
    内容量 1パック 100g
    保存方法 冷凍(−18℃以下)で保管してください。
    賞味期限

    お届け品の表示ラベルに記載(発送日から冷凍未開封で3か月程度です)
    ※解凍後は消費期限に問わず3日以内にお召し上がりください

    食品成分
    (1パック)

    エネルギー  397kcal、たんぱく質  13.9g、脂質  36g、炭水化物  2g、塩相当量  1g

    配送 ご注文日より1週間以内


    ※本製品は、あわび、いくら、オレンジ、カシューナッツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、もも、やまいも、りんご、ゼラチンを使用した製品の製造しています。